2020.05.11
プレスリリース

LINE WORKSの画面から営業活動を入力! 営業支援ツールSenses、LINE WORKSとの連携機能を提供開始

株式会社マツリカは、ワークスモバイルジャパン株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:石黒豊)が提供する仕事用のLINE「LINE WORKS」とSensesの連携機能を、本日より提供開始します。
本連携により、LINE WORKS上で入力した営業案件の情報を、Sensesに自動連携することが可能になり、営業担当の入力負担を大きく削減できるようになりました。
 

なお、本連携は、チャットボット内製ツール「hachidori」を提供するhachidori株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:伴貴史)と共同開発いたしました。

■ サービス連携の概要

LINE WORKSのトーク画面上から、Sensesに紐づいた案件情報を呼び出し、返信するように営業活動情報を入力することができます。

入力した情報はSensesに自動反映され、入力の工数削減かつ精度の高い営業活動情報管理が可能になります。

■ 機能連携の背景

「営業のデータ入力負担を減らし、より本質的、創造的な業務に集中できるように」

多くの企業がSFA/CRMの運用課題として抱える「営業担当によるデータ入力負荷の高さ」、「導入後の定着率の低さ」を解決するため、Sensesはサービスリリース当初から「現場の営業担当が使いたくなる機能開発」を大切にしてきました。

今回、日頃からLINE WORKSを利用する企業において、まるで会話をするようなリズムでの情報入力を可能にすることで、より一層の入力負荷の軽減を目指し、本連携機能の開発に着手しました。

なお、本機能の連携にあたっては、hachidori株式会社と共同開発を行い、Sensesのチャットボットの開発・提供にいたりました。
・hachidori とは:https://hachidori.io/

Sensesは、今後も現場の営業パーソンがもっと自由に、創造的に営業活動を行う世界作りを実現してまいります。

【お申し込み・お問い合わせ】

本機能は、LINE WORKSユーザーの方がご利用いただけます。詳細は、担当営業もしくは、下記フォームからお問い合わせください。

Sensesのサイト「お問い合わせ」より、電話・ウェブフォームで問い合わせ可能です。

https://product-senses.mazrica.com/contact/