2020.03.05
お知らせ

必要な営業データを、ひと目で把握!Sensesのダッシュボード機能をリリース

クラウド営業支援ツール「Senses(センシーズ)」を提供する株式会社マツリカは、2020年3月5日(木)に、新たにダッシュボード機能をリリースすることをお知らせします。
 

ダッシュボード機能では、複数のカスタムレポートを一画面に集約できます。
これにより、組織の中で散乱しがちな営業データのうち、必要な部分だけをひと目で把握することができるなど、時間を要していた営業活動の確認コストが軽減できます。

※本機能はSenses Growthプランのユーザー様がご利用いただけます。

 

■Sensesのカスタムレポートとは

Sensesに登録されたデータを用いて、簡単に独自のレポートを作成できる機能です。
日々の営業活動における重要な指標を、表やグラフとして簡単に表示できます。
 

カスタムレポートの作成例

・担当者毎の月次の売り上げ、粗利

・取引先毎の売上推移

・受注企業の平均リードタイムと平均単価

・顧客の業界分析

・商品毎の売上比較

・営業担当毎の営業活動量

  

・クラウド営業支援ツールSensesについて

カード形式で感覚的に案件管理ができるSFA。蓄積された情報からAIが営業の成功・失敗事例を解析して、いつ・誰に・何を・どのように行うかをアシストします。データ入力負荷の低さや、フェーズ別に個人の強み・弱み分析ができる特徴を用いて、情報蓄積の文化醸成やデータを活用した人材育成など、営業チーム変革へのアプローチが可能になります。


Sensesサイトはこちら